チャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)の年俸に経歴に結婚!

タイのメッシと呼ばれ、タイ代表で、アジア地区最終予選で日本と戦うチャナティップ・ソングラシン選手。

今回はそんなチャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)選手の年俸や経歴に結婚についても調べてみました!

スポンサーリンク

チャナティップソングラシン(タイのメッシ)選手の経歴は?

チャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)選手の経歴ですが、生年月日は1993年10月5日の現在23歳。

身長は158センチで、体重56キログラムと小柄な選手です。

タイのナコーンパトム県出身のサッカー選手です。

ポジションとしてはミッドフィールダーやフォワードを担当しています。

チャナティップ・ソングラシン選手のプロデビューは2012年にBECテロ・サーサナFCでプロデビューしました。

そして、その年2012年にタイ・プレミアリーグの年間最優秀若手選手賞を受賞されています。

チャナティップ・ソングラシン選手はプロ1年目にしてすでにその実力が評価されているんですね。すごいです。

ちなみに2013年11月5日から11月11日の間に、清水エスパルスの練習に参加したりもしています。

2014年には東南アジアサッカー選手権で優勝を経験し、大会が選定する最優秀選手賞をなんと史上最年少で受賞されています。

いやー、これらの経歴を見ると、タイのメッシと呼ばれている理由がよくわかりますね。

そして、2016年からムアントン・ユナイテッドFCへ移籍し、当初はBECテロ・サーサナFCからのレンタル移籍という形でしたが、7月から完全移籍での加入となりました。

そして、今年2017年には北海道コンサドーレ札幌への移籍が発表されます。

ですが、ムアントン・ユナイテッドFCがAFCチャンピオンズリーグ等に出場する予定があり、2017年6月まではムアントン・ユナイテッドFCでプレーする形となります。

そして、2017年7月からは1年半のレンタル移籍で札幌に加入する仮契約を結んでいます。

ということで、チャナティップ・ソングラシン選手は清水エスパルスの練習に参加したり、今年の7月から北海道コンサドーレ札幌でプレーすることになったりと、日本との関わりが深い選手ですね。

ちなみに、チャナティップ・ソングラシン選手は北海道コンサドーレ札幌の入団会見の時に、「一生のうちに一度は日本でプレーしたいと思っていた」というお話をされており、チャナティップ・ソングラシン選手は日本の事が好きなようですね。

スポンサーリンク

チャナティップソングラシン(タイのメッシ)選手の年俸は?

チャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)選手の年俸ですが、あくまでも推定ではありますが、960万円と言われているようです。

今後、チャナティップ・ソングラシン選手がアジア地区最終予選等であったり、北海道コンサドーレ札幌で活躍されるにつれ、どんどん上がっていくのでしょうね!

チャナティップソングラシン(タイのメッシ)選手の結婚や彼女について

チャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)選手の結婚や彼女の情報ですが、チャナティップ・ソングラシン選手はまだご結婚されていません。

年齢が現在23歳ですから、確かにご結婚には早いですね。

ですが、チャナティップ・ソングラシン選手には彼女がいます。

彼女のお名前はピッチャナー・サクサゴーン(通称はMay)といい、年齢は35歳とのことです。

彼女さんはなんとタイの女優さんをされています。

いやー、女優さんが彼女さんなんてうらやましいですね。


タイ代表としてプレーし日本代表と対戦する時はあまり活躍されると困ってしまうのですが(笑)、7月から日本でプレーされるということで、チャナティップ・ソングラシン(タイのメッシ)選手の今後のご活躍に期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする