千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)の年収は?経歴に格之進店舗も!

カンブリア宮殿【あふれる肉汁の大人気店!絶品ハンバーグから驚きの塊焼きまで】にご出演された熟成肉おじさんこと千葉祐士(ちばますお)さん。

今回は熟成肉おじさんこと千葉祐士(ちばますお)さんが気になり、年収や経歴に、経営されている格之進の店舗も調査してみました!

スポンサーリンク

千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんの経歴は?

千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんの経歴ですが、岩手県一関市のご出身で、1971年の生まれで現在46才です。

1994年に東北学院大学経済学部商学科に進学し、その当時、塾講師のアルバイトをなさっていたそうで、しかも大学生アルバイトという立場で塾長も任されていたそうです。

いやー、やっぱりすごい人は学生の頃からすごかったりするんですね。

ちなみにこの時の経験が会社経営にも役立っているとの事です。

塾であろうとそれ以外であろうと、組織を経営する基本は一緒なのかもしれませんね。


そして東北学院大学経済学部商学科をご卒業後、千葉祐士さんはフィルムメーカーである大倉工業株式会社という会社に入社し、営業を担当されていたとの事。

もともとこの大倉工業株式会社に入社したときから千葉祐士さんのなかでは「消費者の顔が見える商売をしたい」との考えがあり、とあるお盆休みに規制されたときにふとある思いを抱いたそうです。

それは「家業として所有している牛を使い、焼肉屋を始める」という思いでした。


それからしばらくして千葉祐士さんは会社を辞め、脱サラをして、1999年地元である岩手県一関市で焼き肉店「格之進」を開業いたしました。

そして、2004年には「丑舎格之進 川崎本店」をオープンされています。

思い立ったら吉日ではないですが、この千葉祐士さんの行動力はすごいですね。


2006年には東京で「格之進TOKYO」をオープンし、2008年10月には株式会社門崎を地元である一関市に設立し、千葉祐士さんは代表取締役に就任いたします。

千葉祐士さん、着々と事業を波に乗せていっている様子がうかがえますね。

そして、2010年には「格之進R」、2014年には「肉屋格之進F」、2015年11月「格之進Rt」を次々とオープン。店舗拡大を進めておられます。


また、東京以外でも地元である岩手県一関とその周辺にも、店舗を増やしており、2013年には「ミートレストラン格之進」、2013年には「焼肉のろし」を開業されています。

スポンサーリンク

千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんの年収は?

千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんの年収ですが、調べてみましたが具体的な千葉祐士さんの年収はわかりませんでした。

ちなみに焼肉屋を一店舗のみ経営されている方の実際の年収は250~400万円程度とのことで、焼肉屋の経営者の年収はなかなか厳しいようです。

開業資金は数千万円かかるらしいので、なかなか厳しい世界ですね。

もちろん人気店であれば違うような気もしますが、人気と収入はイコールにならないような気もするし、実際には千葉祐士さん場合はどうなのでしょうか。

千葉祐士さんは格之進をはじめ複数のお店を経営されていますので、9つで、各店舗で400万円の収入があったと仮定しますと、400万円×9店舗で3600万円の年収ですが、実際はどうなのでしょうか。

千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんが経営されている「格之進」等の店舗情報!

千葉祐士さんが経営されている「格之進」等の店舗情報は以下になります。

東京では「肉屋 格之進F(店舗住所:東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワーB1F)」、「格之進Neuf(店舗住所:東京都港区六本木7-17-19 FLEG六本木 Second 2F)」、「格之進R(店舗住所:東京都港区六本木7-8-16 小河原ビル2F)」、「格之進Rt(店舗住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-9-20 エスペランサ代々木M1F)」、「格之進TOKYO(店舗住所:東京都練馬区桜台1-8-3 第2伊藤ビル1F)」、「KABCO(店舗住所:東京都 港区 六本木3-1-25 六本木グランドプラザ 3F)」の6店舗です。

地元岩手では「丑屋 格之進(本店)(店舗住所:岩手県一関市川崎町薄衣字法道地21-16)」、「ミートレストラン格之進(店舗住所:岩手県一関市山目字大槻67-1)」、「焼肉のろし(店舗住所:岩手県陸前高田市米崎町松峰49-1)」の3店舗を経営されています。


ううむ、千葉祐士(ちばますお・肉おじさん)さんの経営するお店で焼き肉が食べたくなってきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする