ヘルメット治療とは?費用や期間に装具と頭の形外来について

矯正用ヘルメットの装着治療をお子さんが開始することを「行列のできる法律相談所」などにご出演されていらっしゃる大渕愛子さんが、大渕愛子さんご自身のブログで発表されました。

今回はヘルメット治療について気になり、ヘルメット治療とは何か? また、ヘルメット治療の費用や期間に装具と頭の形外来について調査してみました!

スポンサーリンク

ヘルメット治療とは?

ヘルメット治療とは何かですが、簡単に言ってしまうと、先天的ないしは後天的にゆがんでしまった赤ちゃんの頭の形を整えようとおこなう治療になります。

ヘルメット治療が具体的にどんな治療をするかと言いますと、その名の通り、ヘルメット装具を頭につけて日常の生活をおこなう、というものです。

本当にその名前の通りだったのですね。

でも常日頃ヘルメットをつけて生活をすると考えると大変な治療ですよね。

ヘルメット治療の期間は?

ヘルメット治療の期間ですが、まずヘルメット治療の開始タイミングとしては、早ければ早いほど良く、つまり、生後まもない方が短期間で矯正も早いらしいです。

一般的には生後4ヶ月から生後7ヶ月ぐらいに治療開始するらしいです。

なお、生後8ヶ月経ってしまっている場合はどうかといいますと、効果自体はあり、ただ、それ以前にヘルメット治療をおこなった場合と比べて、多少治療期間は長くなってしまうとのことです。

そして、ヘルメット治療をおこなう期間ですが、平均として5ヶ月ぐらいのようです。

ずっとヘルメットをつけていると考えると、5ヶ月は長いですよね。

ヘルメット治療の装具は?

ヘルメット治療の装具ですが、いくつかの会社が治療を提供しており、それぞれ特徴があります。

たとえば肌への圧力を考慮して、低反発性のスポンジを使っていたり、湿度に対して通風孔がたくさんあったり、デザインも可愛らしいものであったりと色々あるようです。

ですので、お子さんの治療を考えていらっしゃる方は、色々な会社のものをしっかりと調べて決めたほうがよろしいかと思います。

スポンサーリンク

ヘルメット治療の費用は?

ヘルメット治療の費用ですが、そもそもリモルディングヘルメット(ヘルメット治療装具のこと)自体が日本では医療用品扱いとなっていないようで、保険適用外となってしまいます。

とある会社のスタンダードな費用としては税抜き36万円というところもありました。

いくつか調べてみた所、おおよそ40万円ぐらいのようです。

もちろん、ヘルメット治療をされる会社や、メンテナンスをおこなう場合は追加費用、なんていう場合もあるかもしれませんので、ヘルメット治療をお考えの方はきちんとご自身の場合はどのくらいの費用が必要かをきちんと調べる必要があるかと存じます。

頭の形外来とは?

頭の形外来とは何かですが、赤ちゃんの頭蓋変形について診療してくれる病院のようです。

大阪府高槻市にある高槻病院というところでは、小児神経外科外来をおこなうことで、必要な場合は保険診療で頭部レントゲンであったり、CTをおこなったりされていらっしゃいます。

そして、保護者の方がヘルメット治療をされるのを希望されるとそれ以降は自由診療として、ヘルメット治療を進めていくということになります。

詳細は高槻病院さんにお問い合わせいただければと思いますが、頭の形外来とはこういうことのようです。


ヘルメット治療はアメリカではよくおこなわれているようですが、現状、日本ではあまり知られてはいません。ですが、今後は日本でもヘルメット治療をされるケースは増えていくかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする