加計孝太郎の年収や経歴や大学は?安倍首相との関係も!

加計学園(かけがくえん)が愛媛県今治市に獣医学部を開設する計画があり、それまで進められていなかったこの加計学園の計画が安倍晋三首相政権下になると国家戦略特区に認定され、建設用地が市から無償で譲渡されたという、いわゆる「第二の森友疑惑」とも呼ばれているこの加計学園の理事長であり総長でもある加計孝太郎(かけこうたろう)氏が気になり、今回、加計孝太郎(かけこうたろう)氏の年収や経歴や大学、そして安倍晋三首相との関係も調査してみました。

スポンサーリンク

加計孝太郎(加計学園)氏の経歴は?

加計孝太郎氏の経歴ですが、広島県出身で、父親が加計学園グループ創始者の加計勉(かけつとむ)氏。

現在は数多くの学校法人の経営に携わっています。

具体的には、岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、千葉科学大学、岡山理科大学附属高等学校、岡山理科大学附属中学校、岡山理科大学専門学校、玉野総合医療専門学校という3つの大学、1つの高等学校、1つの中学校、2つの専門学校に加計孝太郎氏は経営に携わっていることになります。

いやー、加計孝太郎氏は7つの学校経営に携わるとか、すごいですね。


もともとは加計孝太郎氏は父親である加計勉氏の後を継いだ形となっており、教育実業家と名乗っておられた加計勉氏はかなりのやり手だったんでしょうね。

実際、加計勉氏は2008年に心不全でお亡くなりになるまでに教育に関する賞も数多く受賞されており、2001年11月には秋の叙勲・勲二等瑞宝章を受賞されておられます。


ちなみに加計勉氏の長女である加計美也子氏は現在、学校法人順正学園の理事長であり、かつ総長を努められていらっしゃいます。

スポンサーリンク

加計孝太郎(加計学園)氏の大学は?

加計孝太郎氏の大学ですが、立教大学文学部をご卒業されています。

ちなみに加計孝太郎氏の出身大学であるこの立教大学文学部の現在の偏差値は62~70ぐらいでした。

また、経営されている岡山理科大学の現在の偏差値は学部にもよるのですが、おおよそ50前後の所が多いです。

加計孝太郎(加計学園)氏の年収は?

加計孝太郎氏の年収ですが、調べてみましたが、特に公表はされておらずわかりませんでした。

ちなみに、大学教授の最近の平均年収は1086万円とのこと、と考えますとその大学を経営しているわけですから、加計孝太郎氏はそれ以上の年収があると思うのですが、いかがでしょうか。

しかも、高校等を含め、現在7つの学校経営に携わっていると考えると、加計孝太郎氏の年収はものすごいと考えてしまうのですが、これは庶民の勝手な妄想なのでしょうか。

まあ、最近は少子化の影響によって、入学者が定員割れをおこしている私立大学もあるらしいですので、そこまでではないのでしょうか。

加計孝太郎(加計学園)氏と安倍晋三首相との関係は?

加計孝太郎氏と安倍晋三首相との関係ですが、とある情報によりますと、アメリカ留学中に知り合って以来の友人とのことです。

そして、加計孝太郎氏と安倍晋三首相はゴルフ仲間でもあるらしいです。

まあ、簡単に言ってしまえば、安倍晋三首相にとって加計孝太郎氏は仲の良い個人的なお友達ということになりそうです。

ちなみに、安倍晋三首相が加計学園の創立記念式典にご出席されているという写真も出ているらしいとのことです。


この加計学園(かけがくえん)のニュース、日本国民としてしっかりとチェックしておくべきニュースのひとつではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする