木村敬一の障害と病気に視力は?体性感覚とは?戦績や身長にコーチ!

日本パラリンピック水泳界の若きエース、木村敬一(きむら けいいち)選手。

今回は全盲の木村敬一選手の障害と病気に視力について、体性感覚とは、戦績や身長にコーチについても調査してみました!

スポンサーリンク

木村敬一選手の障害と病気は?

木村敬一選手の障害と病気ですが、増殖性硝子体網膜症という病名になります。

この増殖性硝子体網膜症という病気は網膜色素上皮細胞から神経網膜が剥がれている網膜剥離、もしくは、高血糖が原因で網膜の血管に異常が発生している糖尿病網膜症が悪化して起きる病態のことになります。

この障害は、原因としては網膜剥離や糖尿病網膜症の放置であったり、不適切な網膜剥離の手術によって起こる病気で、症状としましては網膜が剥がれた範囲に応じて視界が黒いカーテンで遮られるような視野欠損が発生し、剥離が物を見る中心の黄斑部に達すると急激な視力の低下が起こってしまうというもの。

そして、そのまま放置していると失明の可能性もある病気になります。

この増殖性硝子体網膜症を木村敬一選手は先天的にわずらってしまったのです。

2歳の時の木村敬一選手が食卓の角にぶつかったり、目の焦点が合っていないことに気づいたご両親が小児医療センターに連れて行き、増殖性硝子体網膜症と診断されたようです。

そして、木村敬一選手は全盲となってしまいました。

木村敬一選手は目が見えていた時の記憶は無いようです。

木村敬一選手の視力は?

木村敬一選手の視力ですが、全盲ですので、視力はないということになります。

ですが、木村敬一選手はツイッターをされていたりします。

その木村敬一選手の画像写真が掲載されたツイッターのツイートを以下に載せさせていただきますね。

いやー、この木村敬一選手の画像写真ですが、実に良い表情をされていますね!

木村敬一選手の体性感覚は?

木村敬一選手の体性感覚ですが、そもそも体性感覚とは、生理学であったり医学の用語で、皮膚感覚、深部感覚、内臓感覚のことを指します(内臓感覚を除外する立場もあるようです)。

特殊感覚である視覚や聴覚などとは異なり、感覚器が外からははっきりと見えずに、皮膚・筋肉・腱・関節・内臓の壁そのものに含まれています。

ということで木村敬一選手はその「水の抵抗」であったり「重力」などを敏感に感じ取ることのできる皮膚や筋肉が高度に発達していることが武器なようです。

スポンサーリンク

木村敬一選手の身長は?

木村敬一選手の身長ですが、171センチです。ちなみに2014年に仁川で開催された第17回アジア競技大会に出場した日本の男子水泳選手の平均身長は179.0センチということですから、木村敬一選手は水泳選手としては身長は低めなようです。

ですが、この平均身長のデータは、健常者の大会のものになりますので、パラリンピックの選手ではどうなるのでしょうか。

木村敬一選手のコーチは?

木村敬一選手のコーチですが、木村敬一選手は寺西真人コーチと出会うことによって、水泳選手とした頭角を現してきたようです。

また、おそらく寺西真人コーチの繋がりがあったのであろう、当時の視覚障害者水泳の第一人者といわれた河合純一さんとも出会っています。

河合純一さんはパラリンピック6度の出場、21個のメダル獲得ということで、世界のトップスイマーで、こういう人とも出会うことは木村敬一選手にとってとても刺激になったのではないのでしょうか。いやー、コーチって大事ですよね。

木村敬一選手の戦績(成績)は?

木村敬一選手の戦績(成績)ですが、2005年の世界ユース選手権では、50メートル自由形で金メダル、100メートル自由形で銀メダル、100メートル平泳ぎで銅メダルという素晴らしい戦績(成績)を残されています。

2012年のロンドンパラリンピックでは100メートル平泳ぎ(SB11)で銅メダル、100メートルバタフライ(SB11)で銅メダルを獲得されています。

2014年のアジアパラ協議大会では100メートル平泳ぎで1位、100メートルバタフライで1位。2015年のIPC世界選手権では100メートルバタフライで1位、100メートル平泳ぎで1位と世界のトップスイマーとしての戦績(成績)を収められています。いやー、すごいですね。


今後の木村敬一選手のご活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする