木村勇一の経歴に年齢!ガチオタっぷりや顔写真画像に大学と嫁も!

アニメ「ジョーカー・ゲーム」の再放送メインスポンサーが新潟市ということで話題になっています。

そこで、今回はガチオタ新潟市副市長こと木村勇一(きむら ゆういち)さんの経歴に年齢、ガチオタっぷりや顔写真画像に大学と嫁についても調査してみました!

スポンサーリンク

木村勇一(新潟市副市長)さんの年齢は?

木村勇一(新潟市副市長)さんの年齢ですが、現在の年齢は生年月日が1954年10月なので62歳になります。

62歳でアニメに興味があるってお若い感性をお持ちの新潟市副市長さんなんでしょうね。

木村勇一(新潟市副市長)さんの学歴・大学は?

木村勇一(新潟市副市長)さんの学歴・大学ですが、大学は1978年3月に法政大学法学部を卒業されていらっしゃいます。

経歴については後ほどご説明させていただきますが、法政大学の法学部をご卒業されたということで、ご卒業後に法学部らしく公務員になっていらっしゃいます。

はっきりとしたところはわかりませんが、もともと公務員を目指されて法学部を受験されたのでしょうかね。

スポンサーリンク

木村勇一(新潟市副市長)さんの経歴は?

木村勇一(新潟市副市長)さんの経歴ですが、先ほどもご紹介させていただきましたが、木村勇一さんは法政大学法学部をご卒業されたのち、新潟市役所に就職されます。

そして、2007年4月に新潟市健康福祉部保育課長に就任されます。

2011年4月には新潟市文化観光・スポーツ部長になられ、2014年4月には新潟市理事、2015年4月には新潟市副市長となられます。

この木村勇一さんの経歴を拝見しますと、ほんと、新潟市役所にご就職されてから、新潟市のためにいろいろとご尽力されてきていらっしゃるのでしょうね。いやー、すごい。

そして、今回はアニメ「ジョーカー・ゲーム」の再放送メインスポンサーという試みをなさっていらっしゃいます。

その新潟市がメインスポンサーになった理由ですが、マンガ・アニメをきっかけとして新潟市へ遊びに来てほしい、というメッセージを込めたかったそうです。

新潟市は「うる星やつら」の高橋留美子先生や「ドカベン」の水島新司先生などの漫画家先生の出身地でもありますし、新潟市では2013年5月には新潟市マンガ・アニメ情報館というものを設立されたりもしています。

ですので、新潟市はマンガやアニメととても結びつきがあるのです。

アニメ「ジョーカー・ゲーム」の再放送メインスポンサーになった理由としては、そのPRということになります。

木村勇一(新潟市副市長)さんのガチオタっぷりは?

木村勇一(新潟市副市長)さんのガチオタっぷりということでは、木村勇一さんは「攻殻機動隊」ファンで、好きな女性のタイプは、特に少佐の時の草薙素子とおっしゃられています。

また、個人的に仕事中に笑い男のレポート用紙を使っていらっしゃったり、タチコマのグッズなども結構持っていらっしゃるようです。

好きな人のタイプがアニメのキャラと公言しているあたり、かなりのガチオタっぷりですね。

しかも仕事でアニメグッズをつかっているとはかなりのツワモノですよね、ものすごいガチオタでもオタバレを避けるために会社では使いたくてもアニメグッズを控えている人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

木村勇一(新潟市副市長)さんの顔写真は?

木村勇一(新潟市副市長)さんの顔写真ですが、こちらは探してみましたが残念ながら、掲載できる顔写真画像はございませんでした。

ですが、新潟市のホームページに木村勇一のプロフィールと共に顔写真画像が掲載されていましたので、見てみたい人はそちらでご覧いただければと思います。

木村勇一(新潟市副市長)さんの顔写真は?

木村勇一(新潟市副市長)さんの嫁ですが、こちら調べてみましたが、わかりませんでした。

ですが、おそらく年齢的にもご結婚されていて、その嫁さんは一般人の方になるかと思いますので、情報が出てこなかったと勝手に推測していますが、いかがでしょうか。


木村勇一(新潟市副市長)さん達の今後の活動が気になりますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする