北川智子(歴史学者)の経歴に学歴は?結婚に年収も調査!

セブンルール「名門ハーバードが熱狂した!若き歴史学者・北川智子に密着」という番組で取り上げられた、弱冠29歳で学問の世界最高峰であるハーバード大学の教壇に立ち、「LADY SAMURAI」という日本史講義で人気を博した歴史学者の北川智子(きたがわ ともこ)さん。

今回は北川智子さんが気になり、経歴に学歴、結婚に年収も調査してみました!

スポンサーリンク

北川智子(歴史学者)さんの経歴や学歴は?

北川智子(歴史学者)さんの経歴や学歴ですが、生まれたのは1980年で現在37歳。

出身地は福岡県大牟田市です。

学歴はというと、出身高校は福岡県立明善高等学校理数科で、出身大学はカナダのブリティッシュコロンビア大学にて幾何代数及び生命科学を専攻し卒業されます。

そして、ブリティッシュコロンビア大学の大学院でアジア研究の修士課程を修了されます。

その後、プリンストン大学で博士課程を修了し、2009年よりハーバード大学東アジア学部で日本史を教えることになります。

この時、3年連続でティーチングアワードを受賞されています。

なんと、ハーバード大学で日本史を講義する歴史学者の北川智子さんは、最初は福岡県立明善高等学校理数科、カナダのブリティッシュコロンビア大学にて幾何代数及び生命科学を専攻、とバリバリの理数系だったんですね。

これには驚きですよね。

まあ、理数系にしろ、日本史にしろ、いずれにしろ北川智子さんは頭が良いということなのですね。すごいです。

2012年から2015年まではイギリス・ケンブリッジ大学のニーダム研究所に客員研究員として所属されて、2015年からは約半年間、ドイツのボンにあるマックス・プランク数学研究所の客員研究員として所属、2016年2月からはカリフォルニア大学・バークレー校の客員研究員とのことです。

何気にマックス・プランク数学研究所の客員研究員をされているということで、やはり北川智子さんは依然として理数系にも興味があるとのことなのでしょう。

ちなみに現在はハーバード大学を退職されているとのことです。

スポンサーリンク

北川智子(歴史学者)さんの年収は?

北川智子(歴史学者)さんの年収ですが、現在の収入はわからなかったのですが、歴史学者の年収は平均で300万円~400万円ぐらいらしいです。

ですが、講演ですとか、メディアに出演されるクラスの歴史学者になりますと、年収は1000万円ぐらいになるらしいです。

また、北川智子さんが勤めていらっしゃったハーバード大学教授の年収はトップクラスの大学の中でも特に高く約1600万円程度とのこと。

北川智子さんがハーバード大学で教授という立場だったのかどうかはわかりませんでしたが、いずれにしろ高額の年収を受け取られていたのではないのでしょうか。

北川智子(歴史学者)さんは結婚している?

北川智子(歴史学者)さんの結婚情報ですが、調べてみましたが特にそれらしき情報は見当たりませんでした。

ですが、北川智子さんのお写真を拝見するとお美しい方でしたので、ひょっとしたらすでにご結婚されていらっしゃるのかもしれません。

もしくは北川智子さんは頭のいいかたですので、スキがなく、なかなか男性が気軽に話しかけづらかったり、なんて影響があるのかもしれませんね。


そんなわけで、今後の北川智子(歴史学者)さんの世界に股をかけたご活躍を期待しております!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする