まねきケチャ「きみわずらい」のMVを見ました

歌詞がわずらいすぎのまねきケチャ「きみわずらい」

スポンサーリンク

まねきケチャ「きみわずらい」のMVを見ました。


まねきケチャといえば、古谷寛さんがプロデュースする日本ツインテール協会プロデュースの第二弾アーティスト。

メンバーは闇属性の「中川美優(ニックネーム:美優様)」、愛属性の「藤川千愛(ニックネーム:ちあい)」、雷属性の「藤咲真有香(ニックネーム:まゆた)」、水属性の「宮内凜(ニックネーム:りんちゃん)」、炎属性の「松下玲緒菜(ニックネーム:れおにゃ)」の5名です。


このまねきケチャ「きみわずらい」の作詞は日本ツインテール協会会長古谷寛さん。

個人的に何度も聴いた曲なのですが、今見てもこの歌詞、ほんとヤバイです。

嗚呼 全部 全部 君のせいかも
この世界はまるで地獄だね

出だしがもう最高ですね。想いって強すぎると地獄にも近いものなんですよね。それが人間と言うものなのかもしれません。

隣で君が笑っただけなのに
こんなにも世界は美しい

この地獄だと思う世界は、君がからむと、天国になったりもします。

実に単純ですね(笑)。

この君中心の世界。

君は別に偉いわけではないんです。

ただ私が大好きなだけなんです。

どうしようもない気持ち、この「わずらう」という気持ちを実にシンプルに力強く、どちらかというと美しい愛の歌とは真逆の怖い歌詞になっています。

じつに染みる歌詞です。

これが原宿系アイドルの、どちらかというとふわふわしたまねきケチャというグループのメジャーデビューシングルというのですから、素晴らしいです。

スポンサーリンク

リードボーカル藤川千愛ちゃんの抜群の歌唱力が引っ張る2016年を代表するアイドル界の名曲

やはりこのまねきケチャ「きみわずらい」が堂々としたデビュー曲になったのは、藤川千愛ちゃんの抜群の歌唱力あってからだこそだと思います。

藤川千愛ちゃんが出だしパートを歌うことで、作曲を担当したElements Gardenの藤永龍太郎さんの冒頭の美しいメロディが説得力を持って耳に届き、この曲へとひきつけられる結果となるのです。


そして歌詞の最後はこうなっています。

さあ責任とって 僕の胸に堕ちてよ
さあ責任とって 僕の胸に堕ちてよ

完全にわずらいまくって、わずらいがおさまる気配が全く見えませんね(笑)。

この気持ちは青春ゆえの若さなのか、それとも全然関係ない欲動なのか、人って不思議ですね。


MVもすごく美しくて、でも明るい感じがなくどこか一貫して「寂しさ」を感じてしまうMVになっています。

良くも悪くもアイドル的なものがほとんどない、MVとなっております。

とはいえ、皆さん全員かわいいのですが(笑)。

とにかくまだこのまねきケチャ「きみわずらい」を見ていない人は、ぜひ見てほしいです。

2016年のアイドル界を代表する名曲だと私は思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする