両角友佑(カーリング)の彼女は?兄弟や仕事に経歴も!

男子カーリング日本代表は、1998年に長野大会で開催国として出場以来の5大会20年ぶりの五輪出場を決められました。

今回はその男子カーリング日本代表のSC軽井沢クラブのキャプテンでありチームの司令塔であるスキップの両角友佑(もろずみ ゆうすけ)選手が気になり、両角友佑選手の彼女に兄弟、仕事に経歴も調査してみました!

スポンサーリンク

両角友佑(カーリング)選手の経歴は?

両角友佑(カーリング)選手の経歴ですが、生年月日は1985年1月16日で、現在の年齢は32歳です。

出身は長野県で、出身中学は軽井沢中学校、出身高校は岩村田高校、そして出身大学は金沢大学になります。

両角友佑選手はいわく、1998年の長野五輪でカーリング競技はなんと軽井沢町で開催されました。

そして、その両角友佑選手は日本対アメリカの試合をスタンド観戦されていたそうです。

そしてその試合に刺激を受け、両角友佑選手は「日本の期待を背負ってプレーする選手になってみたい」と思ったそうです。

それから、翌年の1999年に軽井沢中学のカーリング部に入部され、選手活動をスタートさせます。実はこの時のコーチが現在のコーチでもある長岡はと美コーチだったのです。

両角友佑選手と長岡はと美コーチはこの時、SC軽井沢クラブの母体となる「AXE(アックス)」というチームを始動させます。

そして、現メンバーが揃った2007年からは日本選手権3連覇を果たされたり等、国内トップチームとして日本男子カーリングをけん引されています。

いやー、たまたま長野五輪のカーリングが軽井沢で行われていて、それに刺激を受けてカーリングを始めた両角友佑選手が、今度カーリング男子日本代表になっちゃうなんて、驚きですね。

両角友佑(カーリング)選手の兄弟は?

両角友佑(カーリング)選手の兄弟ですが、両角友佑選手には弟がいて名前は両角公佑(もろずみこうすけ)さんとおっしゃいます。

弟の両角公佑さんも兄の両角友佑選手と同じく、SC軽井沢クラブに所属されていて、カーリング1投目となるリードを担当されています。

両角公佑選手は中学高校とバレー部だったようで、並行してSC軽井沢ジュニアでカーリングをされていたようです。

そして、高校1年生の時に最終的にカーリング選手という道を選ばれたようです。

世界選手権では、最も紳士的なプレイをした人に与えられるCollie Campbell Memorial Awardを2015年、2016年に受賞されています。

それにしても、兄弟で日本代表とかすごいですし、さらに兄弟共にオリンピック選手とかすごすぎます!

スポンサーリンク

両角友佑(カーリング)選手の仕事は?

両角友佑(カーリング)選手の仕事ですが、勤務先は2007年よりSC軽井沢クラブになります。

具体的には勤務先である「軽井沢アイスパーク」で地元のカーリングのジュニアチームのコーチをやったり、県内外の方々に対してもカーリング体験指導をされているそうです。

日本代表でかつオリンピック選手に教わるとか貴重な体験かと思いますので、興味のある方は詳細をお調べになって是非体験されてみてはいかがでしょうか。

両角友佑(カーリング)選手に彼女はいる?

両角友佑(カーリング)選手の彼女情報ですが、彼女情報というよりは実はもうご結婚されていて、3人の子供さんがいらっしゃるそうです。

現在のご家庭は1~2人の子供さんがいらっしゃるご家庭が多いかと思いますので、3人の子供さんがいらっしゃるとか多いですね。

しかも両角友佑選手は現在32歳ということですので、双子とかでない場合、ご結婚されたのはおそらく20代中ごろぐらいなのではないでしょうか。


カーリング男子日本代表の平昌五輪でのご活躍を期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする