日本酒の一升瓶がリュックサック(バッグ)に!値段や画像と購入方法!

日本酒の一升瓶の形をしたリュックサック(バッグ)がツイッターで話題になっています。

そこで今回は日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の値段や画像と購入方法を調査してみました!

スポンサーリンク

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の画像は?

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の画像ですが、掲載可能な画像がなかったので、文章にて説明させていただきます。

すみません。

素材は布で、日本酒の一升瓶が再現されています。

本当に日本酒の一升瓶そのままの形をしています。

そして、一升瓶の横からベルトが出ていて、背負うと本当に日本酒の一升瓶を背負っている形になり、とても面白いですね。

ちなみにこのベルトは付け替えるとリュックサックとしてではなく、ショルダーバッグとしても使用出来ちゃいます。

ちゃんと実用性も考慮されているところがすごいですね。

また、遊び心で一升瓶の首の所にスルメのコースターが付いており、このスルメコースターは取り外し可能となっております。

デザインですが、透明な瓶に近い色で作られ「返杯歓迎」の文字が付いた「ザル」と、茶色い瓶に近い色で作られた「下戸」の2種類となっています。

しかも「下戸」のラベル部分にはキャッチコピーが書かれてあり、それは

「飲まずとも 触れる手赤らむ 下戸の恋 いつかあなたと さしつさされつ」

といった粋を感じさせる短歌が書かれてあります。

いやー、アイデアがつまっていて、ものすごくこだわって作られたのがわかりますよね。

スポンサーリンク

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の購入方法は?

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の購入方法ですが、まずこの一升瓶リュックサック(バッグ)は、「へうげもの」という漫画から生まれた陶芸家ユニット「激陶者集団へうげ十作」で、布に関する作品を作っているコヤマ シノブさんの作品になります。

そして、この日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)は2017年5月23日から5月30日まで間、東京西武池袋で開催される「第三回にっぽんいい酒いい肴」にユニット参加するにあたって作成されたものになります。

ですので、購入方法は東京西武池袋の「第三回にっぽんいい酒いい肴」の冨士酒造さんのブースにて購入いただければと思いますが、そもそも販売されるのかも含め、購入を希望される方は事前に冨士酒造さんに詳細をお問い合わせ(冨士酒造さんのホームページのお問い合わせフォーム、もしくは、電話:0235-33-3200)いただければと思います。

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の値段は?

日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)の値段ですが、調べたのですがわかりませんでした。

あまりに詳細がないので、そもそも販売されるのかも不安ですので、申し訳ありませんが、購入したい方は上述の方法(冨士酒造さんのホームページのお問い合わせフォーム、もしくは、電話:0235-33-3200)で事前にお問い合わせいただくか、購入出来ない可能性もご了承いただいたうえで、直接会場に行っていただければと思います。


むう、いろいろとすみません。

そして、この日本酒の一升瓶リュックサック(バッグ)が気になった人というのは、おそらくお酒好きな方かと思いますので、タイミングが合うようでしたら、「第三回にっぽんいい酒いい肴」、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする