虹のコンキスタドール「パラドキシカル・コンプレックス」のMVを見ました

「虹のコンキスタドール」ってどういう意味?

スポンサーリンク

虹のコンキスタドール「パラドキシカル・コンプレックス」のMVを今日は見ました。

虹のコンキスタドールこと、通称「虹コン」。

ちょっと変わったグループ名ですが、そもそも「コンキスタドール」とはスペイン語で「征服者」の意味。特に15世紀~17世紀かけてのスペインのアメリカ大陸征服者、探検家の事を指すそうです。

また、運営はイラストや漫画を中心としたソーシャルネットワーキングサービスの「Pixiv」で有名なピクシブ株式会社です。


最近は、あの元SKE48の松井玲奈さんがその存在を見つけ、ツイッターをフォローして、一気に有名になった、ヲタクの心をゆさぶるヲタクあるあるの漫画で有名な「ぺろりん先生」が所属する人気アイドルグループ「ベースボールガールズ」が「虹のコンキスタドール黄組」として、同事務所に所属したことも話題になりました。

ぺろりん先生有名化をきっかけに、ベースボールガールズの盛り上げ上手でフレンドリーなヲタクが対バンできている現場のヲタクを巻き込む楽しいライブで、着実に人気を伸ばしていた矢先に、昔のプロデューサーの横領疑惑の影響で活動停止していたから、これは話題になりますよね。

そして今は「ベースボールガールズ」ではなく「ベボガ!」として活動しています。

ちなみに「この恋、弾丸ライナー」の最後のヲタクの「ゲームセット!」の掛け声は他のグループでも曲の終わりのチャペアペのアイヌMIXのあとに叫ぶ人がいたりします(笑)

スポンサーリンク

虹のコンキスタドール「パラドキシカル・コンプレックス」はまるで「トライアングル・ドリーマー」!?

虹のコンキスタドール2nd Album「レインボウエクリプス」からの一曲。

まずは一回曲を聴いて思ったことは、これぞ虹コンらしい曲だなあと。

っていうか虹コンの代表曲「トライアングル・ドリーマー」を意識した曲となっております。

楽曲のテンポといい、編曲といい、振り付けといい、まさにそれなのです。

曲中に「『愛に国境も歳も性別もカンケーない!』ってなんかの歌で言ってたし!」ともう「トライアングル・ドリーマー」の歌詞が出ちゃってますし(笑)


作詞、作曲、編曲はすべて村カワ基成さん。

言ってみれば「等身大の女の子」「年頃の女の子の日常」とかそういった印象を受けます。

歌詞の中の「好きより好きです」なんて実にそれっぽいですよね。

ただ、日常といってもそこは虹コン。

女の子と女の子なんですけどね(笑)


個人的に気になったのは、ののたこと奥村野乃花さんの「ねもちゃんSukiSuki」Tシャツ。

ののたは根本凪さん演じるアイドルに夢中な女の子役です。

もともとののたはアイドルヲタクですし、実際に根本凪さんがグラビアに載って普通に売られた「ヤングジャンプ」が登場しているのも面白いですね。


各メンバーの女の子への恋、いい表情もたくさん収録されていますので、ぜひ一度ご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする