大西健介議員の経歴や学歴と大学!顔写真画像に発言や失言も!

民信党の大西健介(おおにし けんすけ)議員が、「イエス○○(まるまる)クリニック」発言で名誉毀損された、と、美容外科「高須クリニック」を運営している医療法人(高須克弥院長)に、民進党と蓮舫代表、そして国に1千万円の損害賠償および謝罪広告の掲載を求めた訴訟を起こし、2017年7月24日に第1回口頭弁論が東京地裁でおこなわれました。

そこで、今回は大西健介議員の経歴や学歴、顔写真画像に発言や失言についても調査してみました!

スポンサーリンク

大西健介議員の顔写真画像は?

大西健介議員の顔写真画像ですが、以下になります。

大西健介議員の動画は?

大西健介議員の動画も載せておきますね。

大西健介議員の学歴と大学は?

大西健介議員の学歴と大学ですが、中学校は奈良学園中学校、高校は奈良学園高等学校をご卒業されています。

ちなみに奈良学園高校の偏差値は理数は71とのこと。

大西健介議員は頭良いんですね。

そして、大学はなんと京都大学法学部をご卒業されています。

いやー、京都大学法学部とか、大西健介議はものすごく勉強ができたんですね。

もちろん学校の勉強だけが全てと言うわけではないのですが、頭の良い学生さんだったんですね。

スポンサーリンク

大西健介議員の経歴は?

大西健介議員の経歴ですが、生年月日は1971年4月13日で、現在の年齢は46歳です。

出身は大阪府のご出身です。

1994年京都大学卒業後に参議院事務局に入局され、内閣委員会調査室や同会計課に所属されていました。

1999年には外務省に出向し、北東アジア課に勤務されていらっしゃいました。

2000年からは在アメリカ合衆国日本大使館二等書記官でした。

2004年には衆議院議員・馬淵澄夫の誘いで参議院事務局を退職して、馬淵の政策担当秘書に転じました。

2007年には民主党愛知県総支部連合会募集の候補者公募に合格して、愛知13区の総支部長に就任されます。

2009年には第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬。

自由民主党の公認で現職の厚生労働副大臣であった大村秀章を破って見事初当選されます。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では愛知13区で敗れるも、重複立候補していた比例東海ブロックで復活して再選されます。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では民主党公認で愛知13区で出馬し見事当選されます。

いやー、詳しいことは良くわかっていないのですが、なんかすごいですね。

大西健介議員の発言や失言は?

大西健介議員の発言や失言ですが、「イエス高須クリニック」を匂わせる発言で高須克弥院長に訴訟を起こされた以外にも、大西健介議員には失言と思われる件がありました。

ひとつはネットで「ブーメラン事件」と言われていた事件ですが、2017年2月27日にいわゆる学校法人森友学園の問題で、文部科学省が森友学園運営の塚本幼稚園の教諭に対し、優秀教職員表彰を2回おこなっている、と大西健介議員は攻めたのですが、その発言に対し安倍首相が「ひとつは民主党政権時代の事」と切り替えされて、ブーメランのごとくやり込められてしまった失言事件がありました。

もうひとつはネットで「でんでん事件」と呼ばれている失言事件で、こちらはツイートなのですが、安倍首相が「云々」という文字を「でんでん」と呼んだことに対し、

という稚拙なツイートに対し、炎上してしまったことがありました。


なんにしろ、この大西健介議員VS高須克弥院長の「イエス高須クリニック」事件は今後の動向を見守りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする