声帯萎縮症とは?症状や原因と治療方法に手術費用も!

俳優で歌手の川崎麻世さんが手術を受けたという「声帯萎縮症(せいたいいしゅくしょう)」。

今回は声帯萎縮症とはどんな症状の事なのか、また原因に改善方法に手術費用についても調査してみました!

スポンサーリンク

声帯萎縮症とはどんな症状?

声帯萎縮症とはどんな症状の事なのか、ですが、声帯萎縮とは声がかすれ、声を出そうとしてもしっかりと出しにくく、弱々しい感じになってします症状の事です。

ですので、川崎麻世さんみたいに俳優や歌手の方の場合、演技にも歌唱にもしっかりとした声が出せるというのは基本かと思いますので、声帯萎縮症の状態というのは非常に恐ろしいものなのではないでしょうか。

声帯萎縮症の原因は?

声帯萎縮症の原因ですが、おもに声帯麻痺であったり、声帯溝症(せいたいこうしょう)であったり、加齢に伴う変化だったりになります。

ちなみに声帯溝症というのは声帯粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができたもので、これは生まれつきの場合もありますが、炎症が原因となり声帯溝症となる場合もあるとのこと。

また、加齢に伴う変化というものは特に男性に多いようなのですが、高齢者の声帯全体が弓状に萎縮してしまい生じるのだそう。

川崎麻世さんの場合はストレスによる声帯萎縮症のようです。

やはり川崎麻世さんは人に見られる職業ですから、いろいろとストレスがあったのでしょうね。

スポンサーリンク

声帯萎縮症の治療方法は?

声帯萎縮症の治療方法ですが、保存的治療として、音声治療があります。

音声治療というのは声帯に強い力が働くようにするといった訓練のことになります。

ほか、手術的治療として、アテロコラーゲン、自家脂肪などを用いる声帯内注入術というものがあります。

しかし、手術で治療完了ということにならず、術後は、音声療法による発声練習などが重要となってきます。

ちなみに川崎麻世さんは手術を選択し、山王病院で手術を受けられたとの事。

声帯萎縮症の手術費用は?

声帯萎縮症の手術費用ですが、調べましたが、手術費用はわかりませんでした。

ちなみに、声帯ポリープの一般的な手術費用を調べてみたところ、保険が適用され、3割負担の場合、治療費は1~2万円くらいで、入院する場合(入院期間は3~5日)は8~10万円くらいが必要なようです。

声帯萎縮症の手術費用がどれくらいするのかはわかりませんでしたが、川崎麻世さんのように俳優や歌手である場合、声は非常に大切なものですので、それなりの費用だったとしても手術を受け、無事成功されて良かったですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする