食塩中毒の症状とは?致死量や原因に治療法と対処法は?

食塩中毒で1才の女の子を死亡させてしまった、というニュースがありました。

今回は食塩中毒とは一体どういうものなのか、症状と致死量、原因に、治療法と対処法について調査してみました。

スポンサーリンク

食塩中毒の原因は?

食塩中毒の原因ですが、食塩の過剰摂取、もしくは食塩の摂取量に見合った水分を摂取できなかったことを原因とする中毒となります。

まあ、普段から塩分は控えめに、と言われていますから、塩分の摂りすぎは身体にとって良くないことなのでしょうね。

そして、食塩中毒は鶏や豚での発生が多いそうです。

また、牛や羊でも食塩中毒が発生することがあるとのことです。

おそらく、家畜として飼われている鶏や豚は人間の言葉を話せませんから、塩分を摂りすぎてしまって具合が悪くなっても水が欲しいとは伝えられませんからね。

まあ、家畜なのかはあくまでも推測なのですが。

食塩中毒の症状は?

食塩中毒の症状ですが、発熱や嘔吐、下痢、盲目に心機能障害や遊泳運動といった神経症状が認められます。

病理学的には、大脳皮質の水腫、好酸球浸潤が認められます。

遊泳運動とは手足を無意識にばたばたさせることなのですが、私たちは塩はすごく身近なものですから、たかが食塩と思ってしまう人もいるかもしれませんが、摂りすぎてしまうとそんな症状になってしまうのですね。

気をつけましょう。

スポンサーリンク

食塩中毒の治療法と対処法は?

食塩中毒の治療法と対処法ですが、飼料の変更であったり、5%グルコース液の輸液、浣腸および対症療法になります。

また、食塩中毒は稀な疾患であって、まだ確立した治療法はない、ともいわれています。

ちなみに、対症療法とは、病気の原因に対してではなく、主要な症状を軽減するための治療を行って、自然治癒能力を高めつつ、治癒を促進する、といった療法です。

ですので、対症療法とは姑息的療法とも呼ばれています。

食塩中毒の致死量は?

食塩中毒の致死量ですが、塩の致死量は30~300グラムのようです。

300グラムまでと幅がありますが、塩30グラムとかって、結構摂ろうと思えば簡単に摂れそうな気がするのですが、いかがでしょうか。

もちろん、絶対摂ってはだめですけどね。


まあ、健康は何事もほどほどが一番と言うことなのでしょうね。

また、他の食品同様、塩分も控えめが言いということなのでしょう。

みなさんも気をつけてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする