高野孝子(北極海冒険)の経歴は?結婚や旦那と今現在も調査!

所ジョージさん司会の「笑ってコラえて!節分SP」にて紹介される犬ぞりで北極海を横断した北極美人女性冒険家の高野孝子さんが気になり、今回高野孝子(北極海冒険)の経歴や結婚や旦那、そして今現在も調査してみました。

スポンサーリンク

高野孝子(北極海冒険)さんの経歴は?

高野孝子(北極海冒険)さんの経歴ですが、1963年に新潟県南魚沼郡塩沢町(現在の南魚沼市)に生まれ、1986年に早稲田大学第一文学部を卒業され、早稲田大学大学院に進学します。

そして同年、オペレーション・ローリー日本代表としてオーストラリアで科学調査とボランティアや冒険活動を経験されます。

翌年の1987年にはおおよそ半年間、バックパッカーとして 香港から中国大陸、ソ連、ヨーロッパ、インドへの旅をおこないます。

1989年には早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了し、男女4名チームでアマゾン川をカヌーで1,500kmも下ったりもして、編集局記者としてジャパンタイムズ入社に入社いたします。

1990年にはエルブルス山脈にて高所トレーニングを積み、1991年に厳冬期のソ連極東地方冒険行でベーリング海峡を横断し、1992年に環境NGO「エコクラブ」を設立、同年ロシア砕氷船で南極大陸東部へ行きました。

1994年には5ヶ国6名のチームでカナダ北極圏にて犬ぞりとカヌースレッドの旅を慣行、1995年には4ヶ国5名のチームで世界初となるロシア側から入る北極海無動力横断を成功させました。


と、ここまで書いてきましたが、すごいというか、なぜそこまでして過酷な環境の地へと行くのか、と思ってしまいました。

そんなところに行かなくても早稲田大学大学院卒業であればもっと他の道もあっただろうに、とは思います。

もちろん、私はアマゾン川にも北極にも行ったことがありませんから、実際にどのような環境なのかわからないのですが、高野孝子さんがなぜそういった過酷な環境を選んでチャレンジしていくのか、という心境は気になるところですね。

いやー、本当にすごいです。

スポンサーリンク

高野孝子(北極海冒険)さんはご結婚されている?旦那さんは?

ではそんな世界の各地で活動されてきた高野孝子さんはご結婚されているかといいますと、結婚されています。

旦那さんは大前純一さんと言い、京都大学を卒業し、朝日新聞で約25年間勤務し、朝日新聞のサイト版「asahi.com」の設立に携わっていたりしています。

しかも、1985年から翌年までMIT(マサチューセッツ工科大学)で客員研究員をされていて、最先端の情報発信について考察されていました。

今現在は株式会社グローバルメディア研究所の代表であり、奥様となる高野孝子さん代表のNPO法人「ECOPLUS(エコプラス)」の事務局長を務められています。

高野孝子さんの旦那さんも日本だけではなく、ご活躍されている方だったんですね。

高野孝子(北極海冒険)さんの今現在は?

最後に高野孝子(北極海冒険)さんの今現在はどうされているかといいますと、さきほど少し触れましたが、NPO法人「ECOPLUS(エコプラス)」というところで代表を務められており、自然や異文化、地域社会といったものフォーカスし、体験や学びを通して、環境教育を推進をされています。

活動例といたしましては、高野孝子さんのご出身である新潟県南魚沼市で子供たちに雪遊びという体験を提供していたり、その他にも都内で国際シンポジウムを開催されたりと精力的に活動されています。


北極海無動力横断をはじめとして、様々な貴重な冒険体験にチャレンジしてきた高野孝子さんの今後の活動にも期待ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする