土地登記流出!原因と流出データ内容(都道府県の場所)!

土地登記が最大約20万件流出した可能性がある、と2017年6月6日、国土交通省が発表いたしました。

そこで今回は土地登記が流出した原因と流出データの内容(都道府県の場所)について調査してみました!

スポンサーリンク

土地登記流出の原因は?

土地登記が最大約20万件流出してしまった原因は、国土交通省の「土地総合情報システム」に不正アクセスがあったことが原因と発表されています。

まず、国土交通省の「土地総合情報システム」とは何かですが、不動産の取引価格であったり、地価公示や都道府県地価調査の価格を検索して見ることができる国土交通省のWEBサイトのことです。

また、今回の土地登記流出原因の不正アクセスとは一体何か調べてみたところ、不正アクセスとは、本来であればアクセスして良いという権限を持っていない者が、サーバであったり情報システムの内部へ侵入をする行為のことになります。

つまり、「土地総合情報システム」に不正アクセスがあったということは、権限のないものが不動産の取引価格や地価公示等のデータが入っているサーバーに侵入してしまったということになります。

侵入したということは、数多くのデータが保存されているデータベースに記録されている情報をコピーして、自分のパソコンに保存できるようになる、ということかと思われます。

要は今回不正アクセスした人の目的が「土地総合情報システム」のデータの取得であれば、そのデータが何者かの手に入ってしまった、流出してしまったということになります。

スポンサーリンク

流出した土地登記の都道府県の場所等の流出データ内容は?

流出した土地登記の都道府県の場所等の流出データ内容ですが、ニュースによりますと、不動産取引価格アンケートの回答であったり、登記情報の可能性があると発表されています。

なお、流出登記情報は地番や面積の可能性があるとの事。

気になる流出した土地登記の都道府県の場所等ですが、こちらは現時点では明らかにはなっておらず、今後の発表を待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする