内山篤(U-20日本代表監督)の経歴と元ポジション!戦術や性格にヒゲ

2017年5月20日に開幕するU-20ワールドカップ出場するサッカー日本代表。

今回はそのU-20日本代表監督の内山篤(うちやま あつし)さんについて気になり、内山篤監督の経歴や戦術、ヒゲと元ポジションについて調査してみました!

スポンサーリンク

内山篤(U-20日本代表監督)さんの経歴は?

内山篤(U-20日本代表監督)さんの経歴ですが、生年月日は1959年6月29日で、現在の年齢は57歳。

出身地はサッカーどころの静岡県清水市(現在の静岡市清水区)です。

身長は167センチと小柄で、体重は60キロです。

まず選手としての内山篤監督ですが、大学は国士舘大学サッカー部で、卒業後の1983年に日本サッカーリーグ1部のヤマハ発動機(現在のジュビロ磐田)に入部されます。

ヤマハ発動機サッカー部では中心選手として、1987-88シーズンにはヤマハ発動機サッカー部の初めての日本サッカーリーグ優勝に貢献されます。

日本代表としても経歴があり、1986年ワールドカップ・メキシコ大会予選などの国際Aマッチ2試合に出場されたことがあります。

サッカー選手を引退した後は、指導者として2004年からジュビロ磐田ユースの監督になります。

2004年の高円宮杯では準優勝を果たし、6人もの選手をトップチームに昇格させました。

また、日本サッカー協会公認S級ライセンスも取得されます。

2007年にはトップチームコーチ兼サテライト監督に就き、同年9月にはアジウソン監督の辞任を受けて、トップチーム監督に就任。

ですが、うまく結果を残せずに2008年8月28日に成績不振を理由に解任されます。

2013年からは若い世代の日本代表のコーチに就き、2014年にはU-19日本代表のコーチとしてU-19アジア選手権に参加。

本大会に出場できなかった鈴木政一監督辞任の後、2015年からU-19日本代表監督に就任されます。

そして、2016年にU-19アジア選手権で準々決勝を見事に突破をし、10年ぶりとなるU-20FIFAワールドカップ出場へと導きました。

この経歴を見ますと、選手でも中心選手であったりリーグ優勝であったりと華々しい結果とともに、国際Aマッチの出場は2試合に留まっていたり、監督としてもジュビロ磐田ユースの監督時代の準優勝に6名の選手のトップチーム昇格という素晴らしい実績と、トップチーム監督時代には成績不振のため解任と、素晴らしい実績と、それとは逆に結果が振るわなかった時と両方を経験されている人なのですね。

華々しい結果しか経験したことのない監督よりも、それとは反対の厳しい時代も経験されている監督の方が頼りになる感じがするのは私だけでしょうか。

内山篤(U-20日本代表監督)さんの元ポジションは?

内山篤(U-20日本代表監督)さんの元ポジションですが、ミッドフィルダーでした。

先ほども書きましたが、身長167センチ、体重60キロという体格でしたので、中盤のポジションに適性があったのでしょうね。

日本サッカーリーグ1部の時の内山篤さんのゴール数を見ると1シーズン20試合ぐらいに出場し、ゴールは2得点ぐらいですので、どちらかというと守備的な選手だったのではないのでしょうか。

ですが、アシスト数がわからなかったので、アシストが多い選手でポジションとして攻撃的な選手だった可能性もありますね。

スポンサーリンク

内山篤(U-20日本代表監督)さんの性格は?

内山篤(U-20日本代表監督)さんの性格ですが、あまり詳しい情報は無かったのですが、ひとつのエピソードとして、2017年4月18日の千葉との練習試合で、MF遠藤渓太選手がフリーキックを蹴るときに、角度的に難しい等の理由で、利き足とは逆の左足で蹴ろうと思ったけど、左足で蹴ってうまくいかなかったら監督に怒られると思って、右足で蹴った、と話していることから、厳しめの監督なのかな、と思いましたがいかがでしょうか。

遠藤渓太選手は冗談ぽくこのことを語っていたらしく、きちんと選手から信頼されているのでは、とも感じました。

実際のところはどうなのでしょうか。

特にアンダー世代のサッカー指導者は技術的な部分だけでなく、選手のメンタル面での成長も求められているかと思いますので。

内山篤(U-20日本代表監督)さんの戦術は?

内山篤(U-20日本代表監督)さんの戦術ですが、内山篤監督は2015年の最後のキャンプの時に、鈴木前監督時代の大枠の戦術を継承しているとコメントされています。

ですが、当然マイナーな変更は行われていて、その当時はオーソドックスな4-4-2システムは同じで、サイド攻撃をより強化しているのが内山篤監督のU-20日本代表のチーム戦術となっていたようです。

そして、その2015年最後のキャンプから1年以上経過した現在、どういう戦術になっているのか、情報がみつからなかったのですが、U-20ワールドカップまであとわずかになり、色々と詳しい方が現在の戦術について語られることも増えるかと思いますので、そちらをご確認いただければと存じます。

内山篤(U-20日本代表監督)さんのヒゲについて

内山篤(U-20日本代表監督)さんのヒゲですが、最初、内山篤監督のお写真を拝見したときの印象が「ヒゲ」でした。

内山篤監督のヒゲはトレードマークなのかもしれません。

実は内山篤監督の自らのサッカー教室の名前が「ひげウッチーサッカースクール」だったりします。

ちなみに現在もホームページがあり、見たのですが、トピックス記事の日付が2011年だったりするので、現在はU-20日本代表監督をされていることからも、この「ひげウッチーサッカースクール」は休校状態なのかもしれません。


5大会ぶり9度目の出場となるU-20ワールドカップのサッカー日本代表チームのご活躍を期待しております!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする