山下聖美(宮沢賢治研究)の年齢は?夫に著書と年収に経歴も調査!

100分de名著 宮沢賢治スペシャル 第4回「“ほんとう”を問い続けて」に講師としてご出演される宮沢賢治研究の山下聖美(やましたきよみ)さん。

今回は山下聖美さんのことが気になり、年齢や夫、著書と年収に経歴も調査してみました!

スポンサーリンク

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの年齢は?

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの年齢はといいますと、生年月日は1972年8月で、現在の年齢は44才。

血液型はB型です。

山下聖美さんのお写真を拝見するととてもチャーミングな方ですね。

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの経歴は?

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの経歴はといいますと、日本女子大学英文科を卒業され、その後日本大学の大学院に進学し、在学中の2000年には日本大学芸術学部文芸学科の副手に就任されます。

そして、2001年には日本大学芸術学部大学院博士課程を修了され、「宮沢賢治研究史 日本における宮沢賢治の受容に関する考察」によって芸術学博士を取得されます。

2002年には日本大学芸術学部文芸学科の助手となり、2007年には日本大学芸術学部文芸学科の専任講師に就任されます。

2011年には日本大学芸術学部文芸学科准教授となり、2015年には日本大学芸術学部文芸学科教授となります。

この山下聖美さんのご経歴を拝見すると、大変な努力を積み重ねることで評価され、着々と教授へ向けてステップアップされていった印象がありますね。

スポンサーリンク

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの著書(本)は?

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの著書(本)はといいますと、1998年にD文学研究会・星雲社より「宮沢賢治を読む」、1999年にD文学研究会・星雲社より「検証・宮沢賢治論」、2000年にD文学研究会・星雲社より「ケンジ童話とその周辺」、2002年にD文学研究会より「宮沢賢治・「風の又三郎」論」、同2002年に鳥影社より「検証・宮沢賢治の詩 1 春と修羅」、2003年にD文学研究会より「宮沢賢治・『ポラーノの広場』論」、2004年に鳥影社より「検証・宮沢賢治の詩 2「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」」、2006年に三修社より「ニチゲー力 日大芸術学部とは何か」、2007年には三修社より「賢治文学「呪い」の構造」、2008年には新潮新書より「宮沢賢治のちから 新書で入門」、2011年には三省堂より「女脳文学特講」などがあります。

こう山下聖美(宮沢賢治研究)さんの著書を見てくると、ほぼ毎年1冊は何かしらの著書を書き上げていらっしゃいますね。

そして、やはり宮沢賢治に関する著書が多いですね。いやー、すごいですね!

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの結婚情報や夫(旦那)情報は?

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの結婚情報や、夫(旦那)情報も調査してみました。

ですが、山下聖美さんの結婚情報なり、夫(旦那)情報というものはわかりませんでした。

先程もいいましたが山下聖美さんはとてもチャーミングな方ですので、実際には情報として公表されていないだけで、ご結婚されているかもしれませんね。

もしくは、とても多くの著書を書き上げられているように宮沢賢治等の研究が忙しくて、ご結婚はされていない可能性もありますね。

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの年収は?

山下聖美(宮沢賢治研究)さんの年収ですが、山下聖美さんご自身の具体的な年収はわかりませんが、平成27年の大学教授の平均年収は1,087万円です。

ですが、山下聖美さんはさらに著書や今回のようにテレビのご出演もありますので、それ以上の年収のような気がいたします。


多くの日本人が一度は触れた機会があるであろう宮沢賢治の研究をされている山下聖美さんの今後のご活躍に期待しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする