ゆるめるモ!「転がれ!!」のMVを見ました

ゆるめるモ!のゆるさの源流は「脱力エレクトロニックパンクデュオ」から!?

スポンサーリンク

今日はゆるめるモ!「転がれ!!」のMVを見ました。


ゆるめるモ!は「みんなのハートをゆるめにきました!私たち、ゆるめる、モ~!」というキャッチフレーズのアイドルグループで、略して「モ!」といいます。

現在のメンバーは「けちょん」「しふぉん」「ようなぴ」「あの」の4人。

あのちゃんは美少女にくわえ、その独特なキャラクターで話題です。

神聖かまってちゃんの「の子」さんと仲が良かったりします。


作詞は小林愛さん。

元miamiというローファイエレポップユニットで活躍されていました。

このユニットのコンセプトは「各界から大絶賛!!新時代・脱力エレクトロニックパンクデュオ」ということで、ゆるめるモ!の「ゆるい」というコンセプトはこの「脱力」からきているのかなと思われます。

ゆるめるモ!が歌う「白玉ディスコ」「エース」はmiamiのカバーだったりします。

ちなみに小林愛さんの口癖は「地獄みたい」です。

コロコロコロガガガガってコロコロ転がって
石のような固い意思を持ちたい
不安がやってきても 見事にササッと避けたい

何があってもがんばる たぶん途中悲惨になる
努力が輝かしくなる 保証ないし


「コロコロコロガガガガってコロコロ転がって」ここは非常に耳障りがいいですね。

「石のような固い意思」も韻が踏まれていますね。

こういうユーモアを感じさせる言葉の見た目とは対照的に「努力したって、頑張ったって、どうせ」みたいなネガティブな内容の歌詞。

こういうセンス好きです。


でも最後の歌詞はこうなります。

無謀なことだって 自分が一番知るわよ
でも何もしないなんて 私には似合わないよ

まあ、でもそういうことなんだよなぁ、って思います。そうなのです。

スポンサーリンク

MVは白熱の運動会「モ!リンピックス」

また、MVもついつい見ちゃうメンバーが3対3に分けれて互いに競い合う「モ!リンピックス」となっています。

東京ユルメル・スタジアムという名の体育館で白熱の運動会が開催されるのです。

そして、なぜか全員怪我をしている控え室の模様からスタートします。


最初の競技は雑巾レース→パン食い競争→ぐるぐるバットの流れで各メンバーがたすきリレーをおこないます。

そして、接戦となって両チームのアンカーがゴール直前で倒れ、まさかのドロー、引き分けに終わります。

次はなんとハーフタイムショー!

もうハーフタイムショーです!


そして後半ですが、玉入れ→騎馬戦→マシュマロ空中キャッチと進み、白熱の勝負の行方はどうなったのか!?

ぜひMVを見てご確認いただければと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする